署名国会提出行動


今日は参議院議員会館での署名提出行動に大田区を代表して参加してきました。

区内で集められた署名(集団的自衛権行使容認撤回 564筆、消費税増税反対 1160筆、原発ゼロ 198)を笠井亮衆議院議員、小池晃、田村智子、吉良よし子各参議院議員に渡してきました。区民の皆さんの安倍政権に対する「NO!」の声をしっかりと国に届ける為の、ほんの少しのお手伝いができたことを光栄に思っています。

国会議員の皆さんは昼休みの時間を割いて参加してくださいました。お忙しい中、本当にありがとうございました。

行動の最後に各地域の皆さんと活動交流をして、私は予定候補者活動のなかで感じたこと、大田区内の町工場の実情について発言しました。大田区の町工場は非常に高い技術力を持っていることが知られていますが、その中で開店休業状態に陥っている所が多くあるということ、消費税増税が追い打ちをかけて経営者の方がやる気を失ってしまっていること、安倍政権のやり方に怒っていること、大田区は豊かな財源を大規模開発中心に使おうとして、区民の暮らしや福祉にはあまり使おうとしないこと等を話しました。

これからも区民の皆さんと共に暮らしや子育て、福祉が充実した大田区を実現する為に一生懸命頑張ります。

応援よろしくお願いします!

imageimage

Comments are closed.